浮気調査の知っておきたいこと

勝つために裁判所が採用する証拠が必要

浮気の裁判で勝つためには、裁判所が採用する証拠を取得する必要があります。一見して立派に見える報告書でも、浮気を立証する要点を押さえていなければ、裁判では採用されません。

浮気・不貞・不倫の証拠として、いわゆる「ベッドシーン」や「2人のデートシーン」など直接的な写真は必要とされず、客観的に見て特別な男女の仲であると判断できる証拠を揃えれば良いのです。

そのポイントは、「2人だけで」「密室」「頻繁に」の3点です。頻繁に密室に2人だけで出入りしている証拠があれば、確実に裁判で採用されます。特別な男女の仲であることを証明できれば良いです。

しかし、詰めの甘い調査報告書を裁判で使用すれば、相手方はそれを簡単に否認して、裁判所は事実認定をしてくれません。

浮気慰謝料の相場は150~250万円位

浮気の証拠が取得できて、慰謝料をもらえる事になっても、探偵へ支払う調査費用が高額であれば、手取りは少なくなってしまいます。

もし広告をよく見かける大手の有名な探偵社へ依頼して、最終的な請求書の金額が100万円以上になり、それを慰謝料から差し引けば、いくら手元に残るでしょうか?。

そこで、必ず裁判所が採用する証拠を取得し、それに基づいて作成された調査報告書を、安い調査料金で準備する必要があります。

他社の浮気調査料金について

安く見えて後で高額になる探偵に注意

浮気・不貞・不倫が「いつ」「どこで」「誰と」行なわれているか、というポイントを、早く見つければ調査時間は短くなりますが、遅ければ調査時間は長くなります。

一般的な他社の探偵を利用する場合、お客様ご自身が探偵に日時を指定して尾行してもらうか、または、探偵事務所に任せて3回くらいの尾行や張り込みを行ってもらい、その中で浮気の証拠写真を撮影してもらう事を選択しなければなりません。 しかし、実際には、いつ、どんな方法で浮気を行うのか不明なので、探偵まかせで調査を依頼することになります。その際、探偵が数回の尾行で浮気の現場とその証拠写真を撮影できるかどうかは、大変疑問です。

1回の尾行では、浮気の相手と、パートナー(夫または妻)の顔が、はっきり識別できる写真を撮影できないかも知れません。また、その日に浮気の相手と密会しないかも知れません。しかし、探偵は調査現場で何時間も張り込んでいます。そうなると、証拠を取れるまで2回、3回、4回と調査を続ける必要があります。探偵は、この事を「空振り」と呼んでいます。

調査が「空振り」でも、毎回の調査料金は発生します。一般的な他社の探偵社では、1日約10万円前後が発生することになるでしょう。この部分が、高額になる原因なのです。

しかし、証拠写真が撮れていない段階で、お客様が調査を打ち切る訳にはいきません。あと1回、さらに1回、と調査の回数が増えれば、増えるほど、一般的な他社の探偵の料金は高額になる仕組みなのです。しかも、空振りは調査を実施して初めて分かることなので未然に防止できません。この部分が、お客様のお財布にとって非常に危険なのです。この点が、悪徳な探偵や興信所の狙いでもあります。わざと調査を長引かせて、請求する料金を膨らませる悪質な探偵社が多いのです。この料金体系を、「加算式料金」や「時間制料金」と言います。

弊社の「おまかせ定額」シリーズの浮気調査プランは「加算式料金」「時間制料金」ではなく、料金が最初から固定の「完全定額制」だから安心です。

浮気調査が間違いだらけの探偵に注意

浮気の調査とは、浮気・不貞・不倫の証拠となる事柄だけを取得(証拠写真の撮影など)すれば目的を達成できます。証拠にならない行動を逐一記録したり、浮気の相手とのデートシーンを多数撮影する必要はありません。

「調査員人数×時間=成果」ではない

一般的な探偵や興信所の追跡料金の内訳けは、「時間(日)+調査員の人数+諸経費=総料金」というように、調査員の人数も計算に入れています。その理由は、張込み場所の建物の出入り口が複数あるとか、尾行(追跡)の際に複数の車が必要というような理由です。

しかし、それは探偵や興信所の勝手な都合であってお客様とは無関係です。 調査員の増員は、お客様が確認することが出来ません。だから、悪徳な探偵や更新所は、調査員の人数で水増し請求をするのです。しかし、お客様の立場から見れば、調査員の増員に付加価値は無いのです。

当社の浮気調査料金

まずは浮気調査の料金が知りたい!

浮気調査の3つの「おまかせ定額」プランが特徴です

浮気調査の料金については、探偵各社のホームページなどに色々な記載がありますが、見かけは安く見えても、実際に依頼した際の調査料金の総額がどうなるのか不明な点が多いです。

なぜなら、一般的な探偵社では、浮気調査と言いながら、実際には時間単位で「尾行」と「張込み」をして課金するからです。すなわち、一般的な探偵は日給制や時給制になっているのです。このため、調査が終了するまでは、その探偵自身も料金の総額がわからないのです。

「業界最安値」と宣伝している探偵社は少なくありませんが、その探偵社の調査能力が低くければ、調査に長期間かかり、料金が高騰します。調査能力が高いとしてもも、調査が長引けば料金が高騰します。これが一般的な探偵社へ依頼する高額になる最大の理由です。

その点、弊社の「おまかせ定額」浮気調査プラン3種類は、完全定額制(つまり固定料金)なので、料金が高騰する心配無しで、裁判所が採用する証拠を収集できます。

浮気調査のプランと調査料金

浮気調査「おまかせ定額10」プラン

浮気調査おまかせ定額10プラン

浮気の証拠を取りたい!浮気相手の家に入り浸っている!浮気相手を知っている!会う場所も知っている!証拠をつかんで慰謝料を請求したい!というような場合に最適なプランです。
調査料金は10万円(税・諸経費別)。
※調査期間: 最大30日間。
※調査目的: 裁判所が採用する浮気・不貞の証拠を取得します。
※このプランには浮気相手の情報の取得は含まれません。
※追加調査や調査員増員の場合でも料金は据え置きで変わりません。

浮気調査「おまかせ定額28」プラン

浮気調査おまかせ定額28プラン

最近、行動が怪しい!絶対に浮気している!金遣いが荒くなった!下着が変わった!帰りが遅い!外泊することもある!誰と浮気しているかは分からないが、浮気の証拠を取って相手方に慰謝料を請求したい、というような場合に適切なプランです。
このプランでは、浮気の証拠と、相手の情報まで調査・取得します。
調査料金は28万円(税・諸経費別)。
※同居している事(まだ別居していない事)が条件です。
※調査期間: 最大100日間。
※調査目的: 裁判所が採用する浮気・不貞の証拠を取得します。
※浮気相手の情報も取得します。
※解決までサポート
※追加調査や調査員増員の場合でも料金は据え置きで変わりません。

浮気調査「おまかせ定額38」プラン

浮気調査おまかせ定額38プラン

既に別居をしている。同居中も浮気の疑惑はあったが証拠がなく、悔しい思いをしていた!以前の浮気相手と今も会っているのでは?なんとなく別居したけれど、今思えば浮気をしていただろうと強く思う!証拠を掴んで訴えて慰謝料を請求したい!というような場合に適切なプランです。
調査料金は38万円(税・諸経費別)。
※調査期間: 最大100日間。
※調査目的: 裁判所が採用する浮気・不貞の証拠を取得します。
※浮気相手の情報も取得します。
※解決までサポート
※追加調査や調査員増員の場合でも料金は据え置きで変わりません。

解決するまで調査を行ってくれるの?

当社の浮気調査の調査期間は、プランによって最大30日間または最大100日間なので、浮気の調査をしっかり行えます。

一般的に、他社の探偵や興信所の場合、少しでも長引く案件は調査が途中で終わる事が頻繁にあります。なぜなら、他社の場合は調査料金が膨らんで、お客様のお金が続かないからです。

その点、弊社の浮気調査「おまかせ定額」3プランの料金は、完全定額制(固定料金制)なので、どんな事案でも必ず解決までサポートします! だから浮気・不倫の相手に裁判を起こすことができるのです。

どんな会社が調査を行うの?

上質なお客様とのお取引が信頼のバロメーターです。弊社の主要なお客様は、複数の弁護士事務所大手上場企業などで構成されています。
弁護士事務所や企業を主要顧客に持つと言うことは、高度な秘密保持の仕組みと、安定した調査力、更に問題解決能力を兼ね備えているからです。
弁護士事務所大手上場企業とお付き合いができるのは弊社の信頼の証です。

固定料金で安心の浮気調査

他社には絶対真似のできない5つの特徴!

  1. 3つの定額プラン
    10万円、28万円、38万円(税・諸経費別)の3種類があります。
    追加調査や再契約は必要ありません。
  2. 張込みや尾行は回数無制限です。調査が長期化しても安心。
  3. 調査員の増員を理由に料金が変わる事が無いから安心です。
  4. プラン28と38では浮気相手の情報も取得します。裁判で必要な情報です。
  5. 調査期間はプランによって最大30日または最大100日間。だから、デートの回数が少ない不倫カップルでも十分調査できるゆとりがあります。

調査内容から見れば他社ではマネが出来ない低価格です!

無駄を省き低価格を実現しています。

格安で完全解決までサポートします。

浮気調査における留意点

※どのプランも調査の回数に制限はありませんが、約1ケ月間~最長で100日を目安にお考えください。

※浮気調査は「行動調査」ではありません。従って「今どこにいますか?」などのご質問にはお答えできない場合もあります。

※浮気相手が複数人の場合には金額が変動する可能性があります。詳しく担当者にご相談下さい。

※おまかせ定額プラン(3種類)では、お客様がパートナーの浮気の実行日(尾行してほしい日時)を特定する必要はありません。また、尾行追尾は、弊社が必要と感じれば、何度でも行います。このことにより、「空振り」のリスクを軽減し、安価な料金を実現しています。他社とは違って調査員の人数の増減で料金が変動することもありません。

※事案によっては弁護士との契約が必要な場合があります。その場合には別途弁護士費用が発生致しますが、事前にご説明し、了解を頂いた上で進めます。

※ご希望であれば弁護士を無料でご紹介致します。(弁護士費用などについて、お近くの弁護士会までご相談下さい。)

※調査中にお客様の状況が変化した場合、もしくは、状態状況が違う場合、または発覚した場合には、料金プランが変動する場合がありますが、その場合でも38万円を上限と致します。

※調査費用とは別に、諸経費(交通費)が必要です。

探偵愛知名古屋浮気調査サービスは

株式会社エコワークリサーチ&コンサルティング

SSL未対応の外部サイトへのリンクは一時的に無効とさせて頂きました。SSLに対応され次第再開いたします。

ページの先頭へ戻る