浮気調査の依頼を行動調査の契約にすり替えてしまう探偵とは?

名古屋の探偵が浮気カップルを尾行中

探偵や興信所が浮気調査を行う時、浮気調査といいながら、実際は「行動調査」を行う探偵社や興信所がほとんどではないでしょうか?

もし本気で浮気調査を行うなら、浮気現場を抑えるか、浮気の証拠を取得することが目的なので、対象者が浮気を行う日時を特定してその事実を撮影すれば事足ります。しかし、実際ほとんどの探偵社は、浮気調査を依頼されても、日時と場所が指定された行動調査の契約にすり替えてしまっています。それは、単純化して言えば、時間料金×調査員人数=売上げ という発想で、成果とは無関係に、手間を売ろうとしているからです。

真に浮気調査の契約なら、浮気の事実の確認や証拠を得ることが契約に対する本当の成果であって、調査員の人数や時間は無関係です。しかし、契約内容が日時を指定された行動調査なら、その時に浮気があっても無くても、証拠を得られなくても契約を履行したことになるので、その探偵社の売り上げは左右されません。そんな考えで商売をしている探偵や興信所は無責任な調査が常習化していて、浮気の証拠取得を真剣にする気が無いと言えるでしょう。

浮気調査の依頼者が、今日パートナーが浮気をすると思って探偵と契約しても、実際に上手く行く確率は低く、なかなか当たらないのが実情です。特に、女性の浮気を見抜く男性(夫は)少なく、ほとんどが外れるように思われます。だから、時間制料金の探偵社へ依頼すれば、浮気の証拠を得られない(成果なし)で高額の請求金額を支払わされるという苦痛を味わうことになる可能性が非常に高いです。

昨今ではGPSを車に取り付けて追跡することがスタンダードになっているので、この事を知る対象者がGPSを外してしまう事も、しばしばあります。しかし、浮気調査と言いながら行動調査を行っている無責任な探偵や興信所は、浮気の現場を押さえられなくても売り上げに影響しないので、成果が無くても困りません。やはり、時間制の料金体系でやっている探偵は、成果とは無関係に時間を売っているだけなので、探偵サービスの品質面で限界があると思います。

そのような時間制料金の探偵社にうんざりしたら、時間制ではなく、行動調査ではなく、浮気の証拠を取得することを目的とした真の浮気調査である、当社(探偵エコワークの名古屋浮気.com)の完全定額制の浮気調査パック(3種類)をご利用ください。