他社による浮気調査の失敗事例

~探偵選びに失敗しないために~

このコーナーでは、他社へ浮気調査を依頼して失敗し、その後、当社へいらっしゃったお客様のご協力により、実例をご紹介します。

実例1: 大手の有名な探偵事務所

探偵業界大手のH探偵社の浮気調査の報告書

誰もが名前を聞いたことのある大手の有名なH探偵事務所へ浮気調査を依頼したお客様が当社へ来店され、困った事態になったとのご相談を承りました。お客様によると、浮気調査をH探偵事務所へ依頼したところ、料金が膨らんで170万円になってしまったそうです。

H探偵事務所の170万円の浮気調査の中身とは?

どんな報告書だったのか?

H探偵事務所の本物の報告書の全てのページ(35ページを)詳しく見てみましょう。

H探偵事務所の本物の浮気調査の報告書を見たい方はここをクリックして下さい。

実例2: 他社で完結しなかった事例

他社の浮気調査報告書の事例(A社)

当社へご相談にいらっしゃったお客様にお話を伺ったところ、次のようなことを教えて頂きました。この方は、A探偵社へ浮気調査を依頼したところ、3日間の調査だけで約80万円かかったそうです。 しかし、裁判で認められる浮気の証拠が得られず、その探偵社からは追加調査を依頼するように求められたそうです。

追加調査を依頼して、高額の請求を繰り返されると支払えないという不安から、A探偵社への依頼を打ち切ったとの事でした。

その時のA探偵社による本物の浮気調査の報告書を見たい方はここをクリックしてください。

実例から学びましょう

  • 「有名な探偵事務所だから安心」と考えてはいけないこと。
  • 「広告をよく見る探偵事務所だから安心」と考えてはいけないこと。
  • 「テレビでおなじみの探偵事務所だから安心」と考えてはいけないこと。
  • 「日本各地に事務所を持つ大手の探偵社だから安心」と考えてはいけないこと。
  • 浮気調査の証拠を得られない場合があること。
  • 高い料金を支払っても、十分な調査をしてもらえない場合があること。
  • 浮気調査の請求金額が高額に膨らんで、続けられない場合があること。
  • このケースでは、浮気の調査を依頼したのに、裁判で採用される浮気の証拠がとれず、報告書の中身は探偵の行動の記録で終始してしまっていること。
  • 行動調査としても完結していない(行動の記録の間が抜けているなどの不備が目立つ)。

実例から学びましょう

  • 行動調査と浮気調査は異なります。
  • 行動調査を行っても浮気の証拠が得られるとは限りません。
  • この事例は、浮気の証拠を取得するという目的が明確になっていません。
  • 探偵への依頼の目的は浮気調査で、行動調査は手段です。手段と目的が入れ替わった契約をしないように注意が必要であること。
  • 浮気調査を依頼したはずなのに、契約内容は行動調査になっていたという、契約時の内容のすり替えや騙しに注意が必要であること。
  • 行動調査としても完結していない事例です(行動の記録の間が抜けているなどの不備が目立つ)。
  • 他社で続けられなくなった調査の続きを、弊社にご依頼いただけること。
  • 調査の対象者が、相手の家へ1~2回行ったというだけでは裁判で認められる証拠にはならないこと。
  • 高い料金を支払っても(この事例では3日間で80万円)、十分な調査をしてもらえない場合があること。

探偵愛知名古屋浮気調査サービスは

探偵 愛知名古屋浮気調査サービスは、約20年の実績をもつ探偵エコワーク 株式会社エコワークリサーチ&コンサルティング探偵事務所による浮気の調査サービスです。浮気調査は不貞調査や不倫調査とも呼ばれる調査です。探偵エコワークは愛知県名古屋市に本社を置く総合調査の探偵社です。浮気調査だけではなく、個人、企業、弁護士からの、あらゆる調査の案件をお受けしている愛知県名古屋市の探偵社です。

株式会社エコワークリサーチ&コンサルティング

SSL未対応の外部サイトへのリンクは一時的に無効とさせて頂きました。SSLに対応され次第再開いたします。

ページの先頭へ戻る