浮気調査の探偵の水増し請求とは

名古屋の探偵浮気調査

名古屋はもちろん愛知県に複数の事務所または拠点をもち、名古屋とそれ以外のエリアでもよく広告を見かける大手の探偵社にはくれぐれも注意をしてください。広告やランキングなどでよく見かける探偵事務所だからと安心して契約をすると危険です。筆者も最近知ったのですが、探偵業界の中で大手であり、テレビ出演でも見かけることで有名な「Hいち」探偵事務所は、3日間の尾行や張込みを2人一組で12チームの体制で実施したと言い張り、依頼者に三百万円を支払わせていたそうです。たった3日間の浮気調査で、依頼者は300万円を支払わなければならなかったのです!

これは実際にはもっと少人数で調査を行ったのだろうと考えられますが、調査員の人数を水増しして、12チームで合計24人が稼働した事にして、この探偵事務所は高額な調査料をせしめたのです。このように無茶な請求を平然と行っているのが「Hいち」探偵事務所の実態です。依頼者や消費者の立場から見れば、そのような事を平然と行っている恐ろしい探偵社・興信所であるとも言えます。
しかし、このような探偵社や興信所は「Hいち」探偵事務所だけではありません。

時間料金制で浮気調査を行っている探偵社や興信所や調査会社は、調査員の人数を水増しして請求をしたり、調査時間を水増しして依頼者へ請求をする可能性がとても高いです。東京や大阪の探偵による事件を聞いて、名古屋は違うと安心してはいけません。名古屋市内の多くの探偵事務所が同様のやり方をしている事は明らかです。

名古屋には多数の探偵があり、その中から良心的な名古屋の探偵とそうでない探偵を見分けることは簡単ではありません。しかし、料金を水増し請求しそうな探偵であるかどうかという傾向を知ることは、ある程度可能です。その方法の一つは、その探偵がレンタルオフィスを使用して規模を大きく見せかけようとしているかどうかを確認する事です。それは依頼者を欺こうとする体質であるかどうかを知る手がかりという点で参考になります。

その探偵社のホームページで支店一覧などを見て、それらの住所がレンタルオフィスであるかどうかを検索すればわかります。全国各地に支店があると表示している探偵社の多くは、各地にレンタルオフィスを借りることによって、見かけ上の拠点(実体は無人)を増やし、大会社であると錯覚させています。そのような事をやっている探偵は、たとえどんなに有名であっても、避けた方が賢明です。