探偵が浮気調査の証拠撮影に困ってしまう場合とは?

探偵が雨の日を嫌うのは傘のため

探偵が浮気の証拠写真を撮ろうとしても、状況次第では困難な場合も。

 

探偵の浮気調査は、裁判で採用される決定的な証拠を得ることを求められます。
現在では、写真や動画が用いられます。「文春砲」のようなイメージでしょうか。
しかし、せっかく掴んだ浮気現場で張り込んでいても、雨が降ってくると、探偵にとって撮影は非常に困難になります。
その理由は、調査対象者が、傘で顔の部分を隠して、ホテルから出てくるからです。

このような場合は、ベテランの探偵でも決定的な証拠撮影を逃してしまう事もあります。
その際には、次の密会日を推察し、現場での張込調査を続けることになって、その分の時間も労力も必要になります。

このようなとき、一般的な探偵社の場合には調査を続けると追加料金が請求される心配があります。
でも、当社の場合は浮気調査サービスの料金が定額制のパックになっていて、調査の追加料金が発生しないので、お客様の立場からみても探偵の立場からみても、安心して継続調査が行えますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 名古屋の探偵が商業施設の駐車場で浮気調査の張り込み中 探偵が駐車場で浮気の調査
  2. 調査費用の重要性と考え方
  3. 探偵による浮気調査 探偵の任務:浮気調査の張り込み
  4. 浮気調査 愛知県 名古屋市
  5. 浮気調査 滋賀県 大津市
  6. 探偵が浮気調査の尾行で浮気カップルを追って海岸へ 探偵が海岸で泊まり込み夜間撮影の準備
  7. 浮気調査 愛知県 岡崎市
  8. 浮気調査 三重県 鈴鹿市

最近の記事

PAGE TOP