浮気の慰謝料の相場と探偵料金のバランスについて知ろう!

名古屋の浮気探偵

夫婦の片方の浮気が発覚し,慰謝料を請求することを、浮気の損害賠償請求と言います。当然のことながら、浮気の証拠が無ければ、浮気が原因の損害賠償請求はできません。浮気の慰謝料の目安はケースバイケースです。損害金の大小については、浮気が原因で離婚をしたり、もしくは浮気が原因で婚姻が破綻しなければ、浮気に対して多額の損害金(慰謝料)の請求にはなりません。

浮気の慰謝料は、婚姻の破綻または婚姻関係の亀裂、あるいは亀裂の修復行為を慰謝料に換算して損害賠償請求を行います。庶民の事例(裕福層や芸能人などではない場合)については、裁判になった場合、その後に夫婦関係を維持する場合の慰謝料は50万円から100万円くらいまで、浮気が原因で別居になった場合の慰謝料は100万円から200万円程くらい、浮気が原因で離婚になった場合の慰謝料は200万円から300万円くらいが目安と言われています。

探偵や興信所は、このような法律構成や慰謝料の目安などを理解して、依頼者のことを気遣いながら浮気調査を行うのが適切でしょう。しかし現実には、ほとんどの探偵社は浮気調査を時間料金制にして、調査時間を稼いだり架空の調査人数を計上(調査員を水増し)するなどして請求金額を膨らませるビジネモデルに力を注いでいるのが実態であり、依頼者の立場から見れば、好ましくない業者である場合が多いのです。

もし探偵事務所から依頼者(お客様)への浮気調査の請求金額が高く、裁判の結果得られる慰謝料の金額と同じくらいであったとすれば、仮に裁判に勝って慰謝料をもらっても、依頼者(お客様)にとって金銭的なメリットは無いことになるでしょう。それでは顧客満足にはほど遠く、依頼をして良かったと感じて頂けないことでしょう。

つまり、浮気の慰謝料の金額に対して、探偵の浮気調査の料金が高すぎれば、依頼者(お客様)に喜んでいただけません。探偵社の浮気調査の料金設定は、そこまで考えてなされていることが望ましいです。探偵社といえども、他の業種と同じで、お客様に喜ばれるサービス内容と料金で事業を行うことが大切であると、私たちは考えています。

ところが、儲け主義に傾倒し、お客様の財布や貯金から出来る限りのお金をむしり取ろうとするような、心ない行為を平然と行う探偵事務所が少なくないのが現実であり、たった数日間の浮気調査で100万円から300万円ほどの高額請求をする探偵事務所もあるのです。そのような探偵事務所が、探偵業界全体の印象を悪くしています。

依頼者(お客様)が危険な探偵業者を避ける方法としては、まず、浮気調査に時間料金制を採用している探偵や興信所を避けることをお勧めします。なぜなら、時間料金制の浮気調査を行う探偵は、簡単に料金の水増し請求ができるので、不正を行いやすいという構造的な問題があるからです。

そして、料金体系の構造的に、浮気調査で水増し請求をし辛い探偵社や、浮気調査で水増し請求ができない料金体系を採用している探偵社を選ぶのが安心です。

浮気調査で水増し請求ができない良心的な料金体系を採用している探偵社の典型が、愛知県にある名古屋の探偵エコワークです。

名古屋の探偵エコワークは、浮気調査に完全定額制の料金体系を採用していますので、最初から料金が固定で決まっているため、料金の水増しをすることはできませんから、浮気調査の依頼者(お客様)にとって安心です。探偵エコワークは、企業努力として、浮気調査の依頼者(お客様)に安心して頂けるように、完全定額制というコンセプトを案出して実践している大変珍しい探偵社で、しかも、その完全定額制の浮気調査サービスの料金は一般的な探偵に比べてかなり安いのです。

探偵選びに迷ったら、ぜひご相談ください。