浮気調査を気付かれなくする探偵の工夫とは?

浮気調査

浮気調査を行うとは、即ち探偵や興信所の調査員が尾行調査や張込み調査を行うと言うことです。その際に、調査をしている事が「ばれる」(気付かれる・発覚する)ことを防ぐために、探偵はどんな工夫をしているのでしょうか?

一般的な探偵社でよく行われるやり方に、複数の調査員を入れ替えながら調査を続けるという手法があります。尾行調査や張り込み調査を行う調査員を途中で入れ替えることによって、例えば、同じ人が自分の後を追ってきている、というように気付かれる事を防ぐわけです。

しかし、探偵や興信所の調査員を増員すると、調査料金が高騰します。仮に、ある探偵社で調査員一人につき1時間5万円とすると、2人で10万円、3人で15万円と大変高額な料金になります。
そのようなやり方で高額の請求をする探偵社もありますが、探偵エコワークでは、そのように依頼者の金銭的な負担が大きくなるやり方はしません。

そこで、探偵や興信所によっては、調査員の人数を増やすのではなく、変装する、服装を変える、目立たない車(例えばプリウスなど大量に走っている車種)を選んで使う、などの工夫を行って、調査をしていることを気付かれにくくしています。

また、浮気調査で浮気の証拠だけを取るのであれば、行動調査のように写真撮影(ビデオ撮影)を逐一する必要がありませんので、探偵の不自然な動きは少なくて済み、浮気調査に気付かれる可能性は大変低くなります。つまり、浮気調査に限って言える事ですが、浮気の証拠以外の撮影を控えることも、探偵が浮気調査をしていることを気付かれないようにするための、効果的な方法であると言えます。

探偵エコワークでは、その他にも色々な工夫で、「誰にも気付かれない」浮気調査を実現しています。