探偵はごまかせない?浮気を再開する人がよく使う手口とは

探偵が浮気の調査をしているラブホテルの近くの商業施設

 

探偵による浮気の調査で必ず行うのが、調査対象者の行動調査です。
過去に車にGPSを付けられて浮気を見つかったことがある経験者が、また浮気を再開する場合に、このようなラブホテルに近い商業施設の駐車場で浮気相手の車に乗り換えて、ラブホテルを利用するという手口を使う場合があります。自分の車でラブホテルに入らなければ、見つからない、証拠は掴まれないと思っているからです。

このようなこずるい相手にも、プロの探偵は、しっかりと行動調査を行って、浮気の証拠を掴みます。浮気の常習者は、あの手この手を使って浮気の証拠を掴まれないようにしますから、探偵も絶えず新しい技術の習得が必要ですね。

 

行動調査の中で欠かせないのが「張り込み調査」です。今回は、ラブホテルに近いショッピングセンターの駐車場で張り込み調査を行いました。
ところで、張り込み調査とは何かご存知ですか?

探偵が行う張り込み調査とは、調査対象者が出入りしたり立ち寄ったりする可能性がある場所に待機して、調査対象者の行動を調べ、証拠を収集するための調査です。張り込み調査を行う例としては不貞の確認を行う浮気調査や、身元調査、素行調査などがあります。

探偵の張り込み調査と聞いて、皆さんはどんなイメージを持っていますか?
見ているだけ、待っているだけという簡単そうなイメージがあるかもしれませんが、実は、張り込み調査は結構大変です。

夜間で周囲が暗い状況では、一瞬で人を判別するのがかなり難しくなります。離れた場所からの観察では小さく見えるので、さらに判別が難しくなり、一瞬の出来事を見落としやすくなります。暗い中で、気づかれないようにフラッシュを使わないで証拠写真を撮影するには探偵に写真撮影の腕前が求められます。

探偵が張り込む際に、調査対象者に気づかれてはいけないのはもちろんですが、それだけではありません。長時間の監視を続けながら、周囲にいる人から不審に思われてはいけない。探偵の車が交通の妨げになってもいけない。一瞬の出来事を見落とさないために目を離すことができないので、長時間注視し続けることがつらい。探偵は、張り込み中にはその場所を離れられないので、長時間トイレに行くこともできないし、そのために水分をとることを控えるので、身体的にもつらい。夜間の張りこみで探偵が交代できない状況なら、眠ることも許されません。張り込みは長時間続くので、そのほかにも、暑さ、寒さ、蚊にかまれた痒みなど、小さな苦労もいろいろあるのです。

探偵は、1つの場所で張り込みを行い、チャンスを掴んだらそのまま続けて尾行調査(調査対象者を追跡する)へ移り、尾行をした行き先でさらに張り込み調査を続けるという場合が少なくありません。普通の会社のサラリーマンのように、定刻で業務を終了して帰宅できるというわけではないのです。夜間の張り込み調査で帰宅できないことも珍しくありません。
このように、いろいろな苦労を積み重ねながら探偵が忍耐強く調査を行っていることを知って頂きたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 名古屋の探偵が東京の銀座で浮気調査 東京銀座で探偵が浮気調査
  2. 浮気の証拠を取得する方法
  3. 暗く細い通りで探偵が浮気調査の張り込み中 探偵が浮気調査の張り込みで困る場所とは?
  4. 調査費用の重要性と考え方
  5. 探偵が愛知県名古屋市内で浮気調査 雨の日も浮気の証拠撮りをがんばる探偵
  6. 名古屋の探偵が浮気調査で京都タワーへ 探偵が京都で浮気調査
  7. 名古屋の探偵が大韓航空の旅客機で浮気調査のため韓国へ 探偵が韓国のソウルで浮気調査に成功!
  8. 新幹線の車内で名古屋の探偵が浮気調査の尾行中 探偵も苦労する新幹線を使った遠距離浮気の調査

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 遠方.調査.探偵.浮気.不貞.尾行
  2. 浮気探偵証拠撮影
  3. 探偵の尾行先に子供運動会はありますか
PAGE TOP